若手育成からベテラン復活まで!磐田で“俊輔教室”開催

2017年01月18日 16時30分

磐田の俊輔は選手育成にも取り組む

 J1磐田の元日本代表MF中村俊輔(38)が“俊輔教室”開催で得点力アップを狙っている。

 

 J1最多の22得点を決めている直接FKゴールや正確無比なパスを駆使してチームメートに点を取らせるだけではない。俊輔は若手ストライカーの育成にも着手する。「マリノスでもやっていたけど、若いFWをつかまえて『こうした方がいい』とか言ってパスを出して練習したい」

 

 横浜M時代には、ルーキーだったFW富樫敬真(23)を居残り練習で鍛え上げ、リーグ戦18試合で5得点を挙げるまでに成長させた。磐田でもその再現を狙っている。若手とは言えない年齢だが、新加入の元日本代表FW川又堅碁(27)は「俊さんからいいボールをもらえるようにしたいし、いいコンビを組めるように努力したい」と“俊輔教室”入りを志願した。

 

 さらに他のイレブンにも積極的にアドバイスを送る。俊輔は「ベテラン選手ともコミュニケーションを取っていきたい。『こういう方法もあるんじゃないか』とか言っていきたい」と話し、昨季ノーゴールだった日本代表時代の同僚MF松井大輔(35)の完全復活もサポートしていく考えだ。

 

 昨季の総得点はJ113位の37得点と決定力不足に悩んだが、俊輔効果で解消できるか。