ACミランの“不良債権”アドリアーノが移籍

2017年01月18日 11時30分

 ACミランは16日、元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノ(29)がスパルタク・モスクワ(ロシア)に移籍すると発表した。

 2015年夏にシャフタル・ドネツク(ウクライナ)からミランに加入。大きな期待を集めたが、先発に定着できず、公式戦36試合で6得点。今季は先発1試合と結果を出せなかった。

 推定年俸500万ユーロ(約6億円)のアドリアーノは10番を背負う本田とともにミランの“不良債権”と呼ばれていた。今冬の移籍を志願している本田の去就にも大きな影響を与えかねない。また代役としてエバートン(イングランド)からスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(22)の獲得が確実視される。