中村俊輔 磐田で新たなスタート「取って間違いなかったと思われるように」

2017年01月13日 16時47分

J1磐田の一員として新たなスタートを切った中村俊輔(右)

 元日本代表MF中村俊輔(38)が13日、静岡・磐田市内で行われた「磐田新体制発表会見」に出席し、新天地に選んだJ1磐田の一員として新たなスタートを切った。

 

 ほかの新加入選手6人とともに会見に臨んだ俊輔は「38歳で難しい決断だったが、(強化部長の)服部さん、(監督の)名波さんが『門を開けて待っている』と言われて挑戦してみようと思った。あとはグラウンドで示すのが一番。ジュビロのファンからも『あいつを取って間違いなかった』と思われるようにしたい」と意気込みを語った。

 

 愛着がある横浜Mは業務提携先のシティーグループの方針に沿った編成を進めており、「単純なものがそうでなくなって、普通のことが普通ではなくなった」と不信感を募らせて悩んだ末に磐田への移籍を決断した。だが、すでに気持ちを切り替え、今はチームを強くすることしか考えていない。

 

 中村は「自分だけがいいプレーするのではなく、他の選手に落とせるものを落としていきたい。ジュビロが上に上がっていけるようにしたい」とキッパリ。抜群の精度を誇るフリーキックなど年齢を感じさせないプレーはもちろん、豊富な経験値で磐田を再びタイトルを取れるチームに変えていく。