【旅客機墜落】元Jリーガーら5人の安否は絶望的

2016年11月30日 11時30分

 サッカーのブラジル1部リーグ・シャペコエンセの選手ら乗客乗員81人を乗せた旅客機が28日深夜、コロンビア中部メデジン近郊で墜落した。地元政府は29日、75人が死亡し、6人が生存していると発表した。事故機からは電気系統のトラブルを伝える緊急発信があったという。南米カップ決勝第1戦(30日)に向け、サンパウロを出発し、ボリビア東部サンタクルス経由で移動中だった。

 遠征参加名簿によると、2009年にJ1神戸を率いたカイオジュニオール監督(51)をはじめ、13年にJ2千葉で得点王になったFWケンペス(34)、05年にJ1柏に在籍したMFクレーベル・サンタナ(35)、昨年J1川崎でプレーしたMFアルトゥールマイア(24)、10年にJ2京都に所属したDFチアゴ(30)ら少なくともJリーグ経験者5人が搭乗していた。生存者名簿に5人の名前はなかったという。

 ブラジルサッカー事情に精通する公認選手代理人は「シャペコエンセには、これまで契約などに関わったことのある選手はいなかったが、最近台頭してきたクラブでブラジル国内でもかなり注目されていた。いい選手もいたし、南米カップでも決勝まで勝ち上がってきたのに残念」と話した。

 中でも今季からチームを指揮をするカイオジュニオール監督については「国際大会の決勝まで導いたし、以前から評価は高かった。南米カップを取っていれば、ブラジルのビッグクラブを指揮していただろうし、まだ51歳だから、ブラジル代表監督になれる可能性はあったんじゃないか」(同代理人)。

 南米サッカー連盟は試合の延期を発表。元福岡のMFモイゼス(25)は遠征メンバーから外れて無事が確認された。現在はコロンビア空軍などによる救助活動が行われているという。