本田は“ミラノダービー”出番なし

2016年11月21日 11時25分

<20日の欧州サッカー>

【イタリア】日本代表FW本田圭佑(30)のACミランと、同DF長友佑都(30)のインテルが激突した“ミラノダービー”は2―2で引き分けた。今季、本田のポジションを奪ったMFスソ(23)の2得点でホームのミランが2―1とリードしたが、後半アディショナルタイムにインテルのMFイバン・ペリシッチ(27)のゴールで追いつかれた。長友は後半20分から出場し、本田はベンチで出番がなかった。

【ドイツ】ハンブルガーSVの同DF酒井高徳(25)は敵地で2―2のドローだったホッフェンハイム戦にフル出場。Eフランクフルトの同MF長谷部誠(32)はアウェーのブレーメン戦にリベロでフル出場し2―1の逆転勝利に貢献した。同FW浅野拓磨(22)とMF細貝萌(30)の2部シュツットガルトは敵地でウニオン・ベルリンに1―1で引き分けた。浅野は後半27分から出場し、細貝はベンチ外。

【オーストリア】MF南野拓実(21)のザルツブルクはホームでラピッド・ウィーンに2―1で勝利。南野は出番なし。

【フランス】同DF酒井宏樹(26)はマルセイユが本拠地で1―0とカンに勝利した試合にフル出場した。