サッカー界快速No.1男vs“人類最速の男”ボルト

2016年11月14日 16時30分

ウサイン・ボルト氏(ロイター)

“人類最速の男”ウサイン・ボルト氏(30=ジャマイカ)が日本代表MF香川の所属するドイツ1武リーグ、ドルトムントの練習に参加することになった。英紙「ガーディアン」(電子版)が13日付で報じた。すでにトーマス・トゥヘル監督(43)の許可を得ており、近日中にもドイツ入りするという。

 

 8月のリオ五輪で3大会連続3冠(100メートル、200メートル、400メートルリレー)を果たした陸上界のスーパースター。大のサッカー好きで知られており、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のサポーターと公言している。かねて「マンチェスターUでプレーし、ジャマイカ代表入りが目標」と語るなど、引退表明前からサッカー選手への転身を示唆していた。

 

 この報道にドイツメディアも過敏に反応。サッカー界の快速ナンバーワンと言われるドルトムントのガボン代表FWピエールエメリック・オバメヤン(27)との対決に注目している。ボルト氏は練習参加について「何が起きるか見てみよう」と話したが、かつてマンUに所属した香川とは面識がある。果たしてどんな対応を見せるか。