【W杯アジア最終予選】出場機会に恵まれないMF清武 スタミナ不足を痛感

2016年11月09日 11時27分

笑顔で練習する清武(手前)だが…

 所属のセビリア(スペイン)では出場機会に恵まれないMF清武弘嗣(26)がスタミナ不足を痛感している。2日の欧州チャンピオンズリーグ、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)戦では途中出場ながら9試合ぶりに起用されたが「20分くらいで疲れてしまった。今まで体と向かい合ってこなかったので、体力的に見直そうと思っている」と不安を感じたことを明かした。

 日本代表は国際親善試合オマーン戦(11日、カシマ)とロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(15日、埼玉)に向けて茨城県内で合宿中だが、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)からは新司令塔として期待されているだけに、体力面の強化が急務となりそうだ。