【W杯アジア最終予選】初招集のMF井手口“決意の黒髪”

2016年11月07日 11時30分

金髪を黒く染めて代表合宿に参加した井手口

 ロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(15日、埼玉)に臨むハリルジャパンは6日、茨城県内で合宿をスタートした。

 初招集のMF井手口陽介(20=G大阪)が決意を示した。リオ五輪にも出場した若きMFは持ち味のボール奪取能力に加えて、点を取れる攻撃センスを兼ね備える。合宿初日、代表練習に初参加したが、目を引いたのは黒髪だった。

 J1最終節(3日)の川崎戦では金髪をなびかせてプレーし、ハリルホジッチ監督からも突っ込まれたほど。井手口は「(指揮官と)サッカーのことはあんまり話していない。『髪の毛はどうしたんだ』ということは言われた。気分で(色を)暗くした。いつでもポジションを取れるようにアピールしていきたい」と意気込みを語った。

 先輩のDF槙野智章(29=浦和)はチーム最年少MFについて「髪の毛を見てもそうだと思う」と決意を感じ取ったという。果たしてハリルジャパンの舞台でも真価を発揮できるのか。