【欧州CL】出場わずか数分…岡崎は悲願の“デビュー”

2016年10月19日 11時25分

バーディー(右)と交代した岡崎はCLデビューを果たした(ロイター)

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節の8試合が18日(日本時間19日)に行われ、G組レスター(イングランド)の日本代表FW岡崎慎司(30)がついにCLデビューを果たした。ホームにコペンハーゲン(デンマーク)を迎えた後半40分、エースFWバーディーに代わってピッチに送り込まれ、前線でボールを追った。

 1点リードの状況で、与えられた役割は前線からの守備。本職の攻撃の機会はなく、出場時間も5分+アディショナルタイムだけだったが、念願のCLの雰囲気を味わった。昨季、奇跡の優勝を遂げた国内リーグはここまで2勝2分け4敗の13位と沈んでいるが、CLは無失点で無傷の3連勝。岡崎にとってここから本当の勝負が始まる。