本田の人気急落原因は…

2016年06月29日 16時30分

本田圭佑

【サッカー情報局】

 

 サッカー担当記者:産業能率大スポーツマネジメント研究所が28日に、野球とサッカーで日本代表に選びたい選手に関して20~60代の男女計1万人を対象にした調査結果を発表しました。

 

 デスク:誰が人気だったんだ?

 

 記者:野球は1位が田中将大投手(27=ヤンキース)、2位がダルビッシュ有投手(29=レンジャーズ)、3位がイチロー外野手(42=マーリンズ)でした。

 

 デスク:まあ順当だな。で、サッカーは?

 

 記者:1位がMF香川真司(27=ドルトムント)、2位がFW岡崎慎司、3位がDF内田篤人(28=シャルケ)になりました。

 

 デスク:代表の人気どころだからこれも順当…って、FW本田圭佑が入ってないじゃねえか。

 

 記者:本田は4位のDF長友佑都(29=インテル)に次いで5位なんですよ。

 

 デスク:断然の1位かと思ったけど。意外と人気ないんだな。

 

 記者:そうなんですよね。全国CMなども多いですし、露出は相変わらず代表選手の中でもナンバーワンかと思うんですが。

 

 デスク:つい先日も国連の関連組織に招かれて教育に関するスピーチを行っていたよな。オーストリア2部SVホルンの経営やサッカースクールの展開に力を入れたり、実業家としても脚光を浴びているし…。

 

 記者:ああ、なるほど。そういうことだったんですね。

 

 デスク:なんだ?

 

 記者:本田はもう選手じゃないと思っている人が多いんじゃないのかなと。

 

 デスク:最近の行動を見るとあながち間違いとも言えないか…。