INAC神戸・川澄奈穂美が国内ラストゲーム

2016年06月19日 16時25分

 米国女子プロリーグのシアトル・レインFCに移籍する、INAC神戸MF川澄奈穂美(30)が19日、自身の国内ラストゲームとなる千葉戦(フクダ電子アリーナ)に臨んだ。

 

 川澄はベンチスタートとなったが、試合は前半39分になでしこジャパンの盟友DF近賀ゆかり(32)が挙げた先制点を守りきって1―0で勝利。川澄も後半途中から出場し、いきなり決定機を迎えるなど見せ場をつくった。

 

 試合後にはピッチ上で、1845人の観客に「もっともっと上を目指したいという思いを胸に米国に行ってきます」と改めて宣言。チームメートから寄せ書き入りのユニホームを送られて笑顔を見せた。

 

 新天地への出発日は未定ながら、渡米準備のためにこの日限りでチームを離れる見込みだ。