OA枠で五輪出場の藤春ヤル気マンマン「スピードで世界と勝負」

2016年06月15日 16時00分

G大阪の藤春広輝

 リオ五輪U―23日本代表のオーバーエージ(OA)枠に内定したDF藤春広輝(27=G大阪)が14日、大阪・吹田市内で会見して意欲を語った。

 

 1週間ほど前、手倉森監督から直接電話をもらって激励されたといい「選ばれてうれしく思う。試合に出たら結果を残して、代表のために精一杯頑張りたい。一つでも上ということで金メダルを取って帰ってきたい」と大目標をぶち上げた。

 

 50メートル5秒8の快足を誇るサイドバックは「スピードが世界でどれだけやれるか楽しみ」。昨年3月にA代表に初選出されたが、定着できていないだけに、五輪の活躍でA代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)に猛アピールする。

 

 同じくOA内定の塩谷は、この日、所属クラブを通じて「選んでいただいて光栄に思う。自分にできることをピッチ内外で全力で行い、日本の勝利のために戦いたい」とコメント。センターバック、サイドバック、守備的MFをこなせる器用さと経験値でチームに貢献する。