ハノーバーMF山口蛍 C大阪復帰が合意間近

2016年06月14日 10時34分

 日本代表MF山口蛍(25=ハノーバー)が古巣に復帰することになりそうだ。ドイツ大衆紙「ビルト」は、J2C大阪から来季ドイツ2部に降格するハノーバーに対して、山口獲得の申し入れが届いていると報じた。山口自身が復帰を希望していることがハノーバー側に伝えられており、近日中に両クラブが合意に至る見通しという。C大阪の玉田稔社長(62)は「本人は日本に戻りたいと言っている。戦力として考えているし(移籍金などの)条件が合えばいい」と復帰を歓迎した。

 今年1月に完全移籍したばかり。早すぎる復帰を望んだのは、出番に恵まれず、出場わずか6試合(無得点)に終わったことも無関係ではない。3月29日のロシアW杯アジア2次予選シリア戦で鼻骨と左眼窩底(がんかてい)を骨折する重傷を負い、欧州で戦うモチベーションに影響が出た可能性もある。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は「2部リーグだとしても、とにかくドイツに残ってやったほうがいい」と山口本人にアドバイスしていたが、思いは届かなかったようだ。