【キリン杯】キーマン清武は存在感示せるか

2016年06月06日 11時00分

清武(中)は新司令塔として期待される

 キリンカップ決勝「日本―ボスニア・ヘルツェゴビナ戦」(7日、大阪・吹田)に臨むMF清武弘嗣(26=ハノーバー)が勝負のときを迎えた。ブルガリア戦では正確なキックを見せて7得点の大勝に貢献。ボスニア・ヘルツェゴビナ戦ではFW本田圭佑(29=ACミラン)、MF香川真司(27=ドルトムント)が不在のチームで攻撃のキーマンとして期待されている。

 ロンドン五輪をともに戦ったDF吉田麻也(27=サウサンプトン)は「キヨは賢くて、いいボールも出せるし、役割も理解しているのでやりやすい」と話せば、FW原口元気(25=ヘルタ)も「キヨ君が真ん中に入れば必ずいいボールが出てくる」と、口を揃えて絶賛した。

 これまで日本代表の常連ながらもスタメンには定着できなかった。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)からの高い評価に応えるべく、存在感を示せるか。