佐々木則夫氏 十文字学園女子大学の副学長に就任「底辺から育成する一助に」

2016年04月28日 13時44分

十文字学園女子大学の副学長に就任した佐々木則夫氏

 サッカー女子日本代表前監督の佐々木則夫氏(57)が、十文字学園女子大学(埼玉県新座市)の副学長に就任した。

 

 28日に都内で会見を行った佐々木氏は「僕自身も勉強させていただくような気持ちで一助となりたい」と抱負を口にした。一方で女子サッカー振興に注力している同大学で「一大学の底辺から(選手を)育成していく一助にもなれるのではないか」と名将としての一面も垣間見せた。

 

 同大学の十文字一夫理事長も「日本人女性の特性を把握して世界一のサッカーチームを作った。それは教育者としても能力がなくては不可能であったと思います」と手腕に期待を寄せる。

 

 今後は教育現場で「なでしこジャパン」を世界一に導いた経験を発揮しつつ、サッカー界にも引き続き貢献していく意向だ。