手倉森監督「韓国戦は耐えて勝つ」

2016年01月30日 11時00分

 U―23日本代表の手倉森誠監督(48)は、日韓対決となった決勝(30日)の前日、公式会見で意気込みを語った。


 今大会の目標だったリオ五輪切符は手に入れたが、アジアのライバル国には負けられない。手倉森監督は「出場権を決めて(日本国内は)祝賀ムードになっているなか、この試合の勝ち負けでそれが一変してしまうと思うので勝たなければいけない」。試合展開については「日本は耐えて勝つスタイル。韓国のストロングポイントをインプットした上で頭も体も使った耐えるゲームになると思う」と予測した。


 韓国の申台龍監督(45)もライバル心を隠さなかった。「日本をしっかり分析して勝たなければならない。負けてしまうと、五輪出場を決めた喜びも薄れてしまう」とやる気をみなぎらせた。