【リオ五輪アジア最終予選】FW鈴木武蔵が復帰「痛みはない」

2016年01月25日 16時00分

【カタール・ドーハ24日(日本時間25日)発】サッカー男子のリオ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権の準決勝(26日)でU―23日本代表はイラクと対戦する。

 別メニュー調整を続けていたFW鈴木武蔵(21=新潟)が全体練習に合流し「検査の結果は大丈夫だった。患部の痛みはない。今日は100%ではなく、7~8割で走ったけど(イラク戦は)大丈夫」と準決勝出場をアピールした。「五輪を決めるゴール? 気持ちはあるけど、まずはチームが勝つことが大事」と力を込めた。そんな鈴木は手倉森誠監督(48)のダジャレに癒やされる一人。「当たり外れはあるけど、たまにうまいこと言いますね」と上から目線で評価した。