【リオ五輪アジア最終予選】汚名返上誓うFW浅野「ゴール目指してチャレンジ」

2016年01月22日 11時00分

【カタール・ドーハ21日(日本時間22日)発】リオ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権で準々決勝イラン戦(22日)に臨む日本。出場2試合で無得点のFW浅野拓磨(21=広島)が汚名返上を誓った。これまで自身の武器である快足を発揮しきれていない。「ゴールを決められてなくて悔しい。チームの力になれているのかと思ったこともあるけど、前を向いてやっていきたい」と語り「あとは最後のところのクオリティー。何回もゴール目指してチャレンジしていきたい」。今後、スーパーサブの役割が期待されるストライカーは決勝トーナメントで真価を見せられるか。