【イタリア杯準々決勝】長友フル出場 インテル4強

2016年01月20日 11時00分

【イタリア・ナポリ19日(日本時間20日)発】イタリア杯準々決勝が行われ、日本代表DF長友佑都(29)が所属するインテルは敵地でナポリに2―0で勝ち、準決勝進出を決めた。長友は右サイドバックでフル出場し、激しいチェックで相手を完封。リーグ戦首位のナポリに今季公式戦ホーム初黒星をつけた。

 両チームとも主力の一部をベンチに温存。好調のナポリは長友のサイドを徹底的に狙って攻撃を仕掛けたが、背番号55は決定的な場面をつくらせなかった。焦りの色を見せ始めたナポリは後半26分にエースFWイグアインを投入したが、インテルはその3分後にFWヨベディッチのミドル弾で先制に成功した。

 同43分にナポリに退場者が出て数的有利になると、アディショナルタイムに追加点を奪って逃げ切った。存在感を示した長友はタイトルにまた一歩近づいた。