【リオ五輪アジア最終予選】田嶋副会長が手倉森流を高評価

2016年01月18日 11時00分

【カタール・ドーハ17日発】リオ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23選手権1次リーグB組の日本は16日にタイに4―0で快勝して2連勝。グループ1位で準々決勝進出が決まった。

 団長を務める日本サッカー協会の田嶋幸三副会長(58)はU―23代表の戦いぶりを「もっと苦戦すると思ったけど、2戦目で1位突破できたのはよかった。この風を逃さないような戦いをしていかなければならない」。手倉森誠監督(48)については「ひょうひょうとしてくれているのはいいかな。それまで(のU―23監督)は悲壮感が漂っていたけど、ダジャレを言ったりしている。彼も緊張していないわけではないが、それは彼流の手腕。心強いと思っている」と評価した。