【リオ五輪アジア最終予選】手倉森監督 勝負の“赤パンツ”で北朝鮮を撃破

2016年01月15日 10時00分

【カタール・ドーハ発】勝利の原動力は赤パンツだ。サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権1次リーグ初戦(13日=日本時間14日)で、日本は北朝鮮に1―0で勝利。これまで苦しめられてきた難敵を撃破し、好スタートを切った。その舞台裏では、手倉森誠監督(48)による数々の“勝利の儀式”があった。

 何度もピンチを迎えながら、前半5分に決めた先制ゴールを守り切り重要な初戦を制した。手倉森監督は「チームは硬かったが、勝てたのは非常に大きかった。先制が早すぎて意識が守備のほうにいってしまった。これ以上悪い試合をすることはないと思う。あとは自信を持って戦わせたい」と安堵の表情を見せた。

 U―23日本代表にとって北朝鮮は天敵だ。2年前のU―19アジア選手権では準々決勝でPK戦の末に敗れ、U―20W杯の出場権を得られなかった。また、A代表も昨年の東アジアカップで逆転負けを喫するなど相性は最悪。そんな相手に苦しみながらも勝ち点3ゲットとなった裏では、指揮官が様々なゲン担ぎに取り組んでいた。

 手倉森監督は「大事な試合の前には赤いパンツをはくんです。赤は勝負の色。何か燃えるというのか、気持ちも高ぶってくる。勝負事に負けたくないんでね」と明かす。J1仙台監督時代から“ここ一番”という大事な場面で必ず着用する必勝アイテム。連戦連勝とはいかないものの、高い勝率を誇るという。

 実は、赤パンツの着用にはプロ野球の名将からの影響がある。「元楽天の野村克也監督(80)が赤いパンツをはいているのを知って。同じ仙台が本拠地でしたからね。野村監督にはかなり(指導者として)影響を受けています。それに他の(指導者の)方も(赤パンツを)取り入れているという情報を見聞きしたので」

 監督時代の野村氏は試合に勝つと赤パンツを3日間はき続けることも珍しくなかったが、U―23指揮官は「洗っているか? 野球と違ってサッカーの試合は毎日ありませんから」と笑顔。ちなみに負けが込むと「水に流せるので」とトイレ掃除に励むとか。

 さらには願掛けにも熱心だ。「仙台にいるときは大崎八幡宮に行きますし、東京では浅草寺ですね。それに毎朝起きると、お日様に両手を合わせてます。いつでも感謝の気持ちを忘れないように。なぜ? 仮に手を合わせないで結果が出なかったときに『こんなはずじゃなかった』と後悔したくないので」(手倉森監督)

 率いるチームは結成当初から評価が低く、五輪6大会連続出場が危ぶまれてきた。そうしたなか、勝つためにはなりふり構わない。そんな姿勢が勝利につながったということだろう。

 最終予選の開幕前に「もうリオに行っている夢を見た」と話した手倉森監督の「予知夢」は当たるのか。戦いはまだまだ続くが、アジアにわずか“3枚”しかない五輪切符の獲得に少しだけ近づいた。