【リオ五輪アジア最終予選】手倉森監督「日本は標的」北朝鮮を警戒

2016年01月13日 11時00分

【カタール・ドーハ12日発】リオ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23選手権が開幕し、日本は1次リーグ初戦(13日)で北朝鮮と対戦する。

 U―23日本代表の手倉森誠監督(48)は1次リーグB組の北朝鮮、タイ、サウジアラビアの監督と同席して合同会見に臨んだ。指揮官は「日本の未来となるこの世代を鍛え上げる大会にしたい。集中開催で過密日程でタフな戦いになるが、タフな大会こそ若い世代を高めてくれると信じている」と抱負を語った。

 会見後には日本メディアの取材に応じ「3チームとも日本との戦いをイメージしている。まさしく標的にされているという感覚」と気を引き締め「(五輪に)出られる確率は何%か分からないが、日本としてリオの五輪に行きたいという気持ちは100%」と強い意欲を示した。

 北朝鮮のユン・ジョンス監督は長身FWのパク・ヒョンイルの不在に「国内の試合で深刻なケガをしてしまい、登録していない」と話した一方で「約1000人のサポーターが来る」と明言。“美女軍団”が来るのかは不明ながらも、手倉森監督は「北朝鮮のサポーターを含めた準備を知っている」と改めて警戒した。