乾の初ゴールをスペイン各紙が称賛

2016年01月12日 11時00分

 スペイン1部リーグで初ゴールを決めたエイバルのMF乾貴士(27)の評価が急上昇している。10日(日本時間11日)のエスパニョール戦で待望の初ゴールを決め、同リーグで得点した4人目の日本人となった。

 さらに乾は決勝点となったPKを獲得し、2―1の勝利に貢献。チームを欧州リーグ出場圏内の6位に押し上げた。スペイン紙「マルカ」は8点を付け「エイバルを歴史的な高みに導いた」と高く評価。「アス」紙も「よく研いだ刀の乾の前で、エスパニョールはバター(よく切れるの意味)だった」と称賛した。

 乾は「このゴールはエイバルに来てくれた妻と子供にささげます!」と話したが、スペイン移籍後は単身赴任。この試合をスタンドで観戦した家族の姿に奮起したのかもしれない。