FIFA凡ミス!バロンドールをフライング発表

2016年01月08日 11時00分

【サッカー情報局】

 サッカー担当記者:FIFA(国際サッカー連盟)のバロンドール(世界年間最優秀選手)が発表されました!

 デスク:あれ? 発表は11日じゃなかったっけ?

 記者:はい。11日にFIFA本部で開かれる授賞式で発表される予定ですが、6日に公式ホームページ上で男女のバロンドールを“フライング発表″してしまったんです。男子はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28=バルセロナ)、女子は昨夏のカナダW杯後に現役引退したドイツ代表FWセリア・シャシッチ(27)でした。

 デスク:なんでそんなことになったんだよ。

 記者:FIFAはすぐに発表内容を削除して、スタッフによる誤送信と説明。「われわれはミスに対して謝罪する」と声明を出し、掲載された情報はFIFAではなくUEFA(欧州サッカー連盟)の最優秀選手賞だと釈明しました。

 デスク:さすがにその言い訳は苦しいな…。

 記者:そうですね。メッシは下馬評で大本命、女子もなでしこジャパンのMF宮間あや(30=岡山湯郷)が最終候補の3人に残っていますが、シャシッチはW杯得点王ですからね。“本番”でも順当に2人が選出されるのではないでしょうか。

 デスク:それにしても、FIFAの1年を締めくくる最大のイベントで、こんな凡ミスが起きるなんて信じられないな。

 記者:FIFAは汚職スキャンダルでドタバタが続いてますからね。それだけ、現場も混乱しているということでしょうか…。