本田「監督、サポーター批判」「伊サッカー文化否定」でミランどころか欧州追放も

2015年10月06日 16時00分

 まさかの大暴走を見せた「背番号10」に待ち受けるのは“欧州追放”か。日本代表FW本田圭佑(29=ACミラン)は4日のナポリ戦後、クラブや首脳陣に対して過激な批判を展開。スポーツ界のタブーまで犯した発言は大きな波紋を呼び、もはやイタリアはおろか欧州にとどまることさえ危うくなってきた。冬の移籍市場で放出されるのは必至。その行き先もかなり限られそうだ。

 出番が巡ってこない本田がついにブチ切れた。

「なんで出られなくなったのか分からない。選手に責任があると語っている時点でナンセンス」とまずはシニシャ・ミハイロビッチ監督(46)を真っ向批判。さらに「(マンチェスター)シティーやパリ・サンジェルマンくらいお金を使うか、ストラクチャー(構造)の部分で見直していかないといけない」とアドリアーノ・ガリアーニ副会長(71)やバルバラ・ベルルスコーニCEO(31)らクラブ幹部もヤリ玉に挙げた。

 返す刀で「イタリアのメディアも大問題。この試合で誰がいいとか誰が悪いとか話し合う時点でナンセンス。誰がやってもダメというのはこの3年で分かったと思う」と辛口で移り気なイタリアメディアも切り捨てた。まさに言いたい放題だ。

 本田の“舌禍癖”は今に始まったことではないが「クラブやメディアへの批判はともかく、一番まずいのはサポーターへの言葉だろう。しかも実績があるわけでもないから説得力もない。この手の話に敏感な欧州のクラブは敬遠するだろうし(今後は)かなり厳しいのでは」と欧州事情に精通する代理人事務所関係者は指摘する。

 本田は「僕はファンの拍手のタイミングを見ても、勝つことだけに左右されているんだなと気づく。内容など見ない。勝てば拍手する」とサポーターとファンの見識を“低レベル”と断罪し、勝敗を重視するイタリアのサッカー文化まで完全否定した。イタリア人にとってこれ以上の侮辱はないだろう。
 日本では代表で実績を積み上げ、ファンも内容重視の傾向があるため、この発言を“勇気ある提言”と見る向きもあるかもしれない。だが実績ゼロのミランで、スポーツ界ではご法度のファン批判はもはや“暴言”。完全に一線を踏み越えてしまった。

 すでに実力的には戦力外に近いが、クラブイメージの低下などスポンサーへの影響も懸念されるため1月の移籍市場での放出は決定的。だが戦力にならない問題児を欧州クラブが引き取る可能性は限りなく低い。「寛容でカネもある中東くらいではないか」と同関係者は見ている。

 これまで中東のクラブは、問題を起こした選手を受け入れてきた土壌がある。前日本代表監督のハビエル・アギーレ氏(56)が率いるアルワハダ(UAE)、バヒド・ハリルホジッチ日本代表監督(63)がかつて指揮したアルイテハド(サウジアラビア)、欧州の大物が続々加入するカタールリーグ、さらに広州恒大など中国クラブも浮上しそうだ。

 本田からすれば、わずかな大逆転の可能性にかけた発言だったかもしれないが、迎える結末は最悪に近い。今回の暴走はシリア戦を控える日本代表にも大きな影響を与えそうだ。