カズ「サッカー界全体を考えた決断」

2012年09月29日 12時00分

フットサル合宿でサポーターにサインするカズ

 キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(45=J2横浜FC)が本音を激白だ。フットサルW杯(11月、タイ)に臨む日本代表候補に選出されたカズを、本紙が緊急直撃。Jリーグのシーズン中にクラブを離脱し、本職ではない分野に挑戦することには周囲から批判的な声が出ているが、これについてカズは“反論”を展開した。キングがフットサル参戦を決断した真意とは――。

 ――フットサル参戦には横浜FCサポーターからも反対意見が出ている

 カズ:(フットサル合宿)初日(24日)も横浜FCで練習してから来ました。できる限り横浜FCの試合や練習に対して、障害にならないようにしたい。まだまだ勉強することも多い。まだ1か月あるので、いろいろなことに慣れていかないといけない。

 ――フットサルW杯は11月の開催。J2の最終節(同11日)と日程が重なる

 カズ:(W杯)本番が始まる前になったら、それ(フットサル優先)は仕方ないですけど…。自分の決断ですから。サッカー界全体のことを考えて、自分の求められていることをしっかりやろうと。横浜FCにはちょっと迷惑を掛けますけど。

 ――フットサルで活躍することで、クラブにも還元できるということか

 カズ:そうあってほしいですね。横浜FCのファンも当然、そう思ってくれていますから。どちらにもメリットになればいいと思う。