カズの「キングシート」復活

2012年09月25日 12時00分

 フットサルW杯(11月、タイ)に向けた日本代表候補合宿が24日、愛知・名古屋市内で始まり、代表候補に選出されたキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(45=J2横浜FC)が合流。初日からミニゲームで3ゴールを挙げる活躍を見せた。

 宿泊先に登場したのは、集合時刻を5分過ぎた時だった。タクシーからさっそうと降車したカズは、濃紺のスーツにサングラス姿でバッチリ決めていた。慌てる様子は全くなく、早くも風格を漂わせていた。


 この後、ミゲル・ロドリゴ監督(42)とミーティングを行うと、他の代表候補選手らにあいさつ。練習場に向かう際には、出発の20分前に移動バスに乗り込んだ。もちろん、座席はカズが日本代表時代に愛用した、最後列左側の通称「キングシート」だった。「ギリギリに行って『俺の席だ』って言えないじゃん」とカズらしいこだわりだった。

 午後からの練習にはファン約70人、テレビカメラ9台の68人もの取材陣が訪れ、改めてカズ効果が鮮明になった。ファンが作った「KINGの魂を世界へ」の横断幕で迎えられたカズは、12年ぶりとなる日本代表の練習着に身を包んで全体練習に合流。首と肩に張りがあるため100%の力は発揮できなかったものの、それでもミニゲームでは3ゴールを決めるなど、軽快な動きを披露した。

「責任感も感じてるけど、楽しくやりたい。ファンのためにもいいプレーをしたい」。カズ狂想曲はまだまだ続きそうだ。