【なでしこ美女2トップ】猶本 自分を見失いかけた昨年の女子アジア大会吹っ切る

2015年07月30日 10時00分

笑顔で練習する猶本に迷いはない

 東アジアカップ(8月1日開幕、中国・武漢)に臨むなでしこジャパン。カナダ女子W杯準優勝に貢献したベテラン勢が招集を見送られ、メンバーは一新された。佐々木則夫監督(57)が「チャレンジなでしこ」と名づけた新チームの注目は何といってもビジュアル系選手。なかでもMF猶本光(21=浦和)とDF小原由梨愛(24=新潟)はモデル級の美貌の持ち主だ。猶本は「苦い思い出」をキーワードにステップアップを狙っている。

 猶本は苦い思い出と決別し、中国の地で代表定着の足がかりをつかむ。小原同様、昨年5月女子アジアカップ以来の代表復帰となった猶本は、今大会に向けてある覚悟を決めていた。

「前回(のなでしこジャパン招集時)は、どういうサッカーをすればいいか迷いながら、やっていた。それではもったいないので(東アジアカップは)思い切りやりたいと思います」

 猶本が言う「迷い」が生まれたのは、なでしこジャパン初先発となった女子アジアカップ1次リーグのヨルダン戦のことだった。守備的MFながらも果敢にミドルシュートを打って得点を狙ったが、精度を欠いて不発。前半途中で佐々木監督から「もう打つな」とストップがかかった。試合は7―0で快勝したものの、勝利に貢献した感触はゼロ。リーグ戦でもゴールネットを揺らしてきた自身の特長を否定されて、自分を見失いかけた。

 その後は、昨年11月に右ヒザにケガを負ったこともあって、なでしこジャパンの招集から遠ざかったが、ようやく復帰にこぎつけた。背番号はMF宮間あや(30=岡山湯郷)がずっとつけてきた「8」。浦和で背負う愛着ある番号とともに、猶本は自分なりのスタイルで結果を出すつもりだ。