香川 復調アピールの2アシスト

2015年07月22日 11時00分

【ドイツ】日本代表MF香川真司(26)が所属するドルトムントは、スイス・スーパーリーグのルツェルンと親善試合を行い4―1で勝利。香川は前半だけで2アシストを記録する大活躍だった。

 先発した香川は立ち上がりから積極的な動きを見せて、チームを鼓舞させる。前半10分にはショートカウンターで受けたボールを、中央でフリーとなったMFロイスに正確なパス。ロイスは冷静にGKの頭上を抜いて先制点を決めた。

 22分にはエリア内でロイスからスルーパスを受けると、難しい態勢から絶妙のクロスボールを上げる。ここにMFカンプルがダイビングヘッドを合わせて2点目。香川はわずか22分で2アシストを決めて復調をアピールした。香川は前半で退き、チームは8人を入れ替えた後半も2ゴールを奪い大勝した。MF丸岡満(19)はベンチ外だった。