川島がハリル監督に“進路相談”?

2015年07月14日 16時00分

川島永嗣

【サッカー情報局】

 

 サッカー担当記者:移籍先が決まっていない日本代表GK川島永嗣(32)が、13日に都内のJFAハウスに突然現れて周囲を驚かせました。

 

 デスク:確か欧州で移籍先を探すとか言っていたよな。何しに来たんだよ。

 

 記者:出勤していた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の部屋に足を運んで、約1時間にわたって“極秘会談”してました。

 

 デスク:お、ちょっと注目だな。わざわざ会いに来て、どんな話をしたんだ?

 

 記者:同席した日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(48)は「日本にいるから、あいさつでもというのもあるし、いろいろ話していたよ。(移籍の)進捗状況とかね」と話していました。

 

 デスク:転職相談に来たってわけか。

 

 記者:そんなところですね。ハリルホジッチ監督は以前から海外組で出場機会が少ない選手について「私は、もっとプレーできるクラブを提案したい」と積極的に移籍の相談に応じる姿勢を見せていますし、今回は川島にアドバイスを送ったのでしょう。

 

 デスク:欧州サッカー界では名の知れた指揮官だし、人脈も豊富。その“コネ”を利用しない手はないだろう。

 

 記者:特に長年指揮を執ってきたフランスのクラブは期待できるかもしれませんね。それに霜田委員長によると「フランス語で直接話していたよ」と、川島は得意の語学力を発揮していたようですし、アピールはバッチリです。

 

 デスク:でも肝心の実力がな…。ハリルホジッチ監督にとっては代表の強化より難題になりそうだな。