渡独の武藤“新婚生活”は8月以降

2015年07月08日 16時00分

笑顔でドイツへ旅立った武藤

 J1FC東京からドイツ1部リーグのマインツに移籍する日本代表FW武藤嘉紀(22)が7日、羽田空港から出国した。

 

 世界的高級ブランドのルイ・ヴィトンを全身にまとい、数十万円相当という新品のキャリーバッグで空港に現れた武藤は会見で「とにかくレギュラーで活躍すること。得点、アシストという目に見える結果を残したい」と新天地への意気込みを力強く語った。

 

 4日に慶大時代から交際を続ける女性との電撃結婚を発表し「異国の地に渡って、新天地に向かうにあたって身を引き締めていこうと」と初めて自身の口から決断の理由を説明。「常に支えてもらえたし、彼女と付き合って良いこと尽くしだった。今度は僕が良いことを与えられるように頑張りたい」と新妻のためにもドイツで活躍することを誓った。

 

 当面は「ホテル暮らしで新居はまだですね。キャンプがあるので、その後じゃないかな」と8月中旬のリーグ開幕までには夫人との新生活をスタートさせる予定。武藤は9日に入団会見を行い、10日にチームの練習に合流する。ハリルジャパン期待のストライカーの挑戦がいよいよ始まる。