フィジー代表が世界記録「38―0」

2015年07月06日 11時00分

 フィジー代表が“世界記録”を打ち立てた。5日にパプア・ニューギニアで行われたパシフィックゲームズの1次リーグ第2節で、フィジーがミクロネシア連邦と対戦し38―0で大勝した。前半に21点を奪うと、攻撃の手を緩めることなく後半も17のゴールを積み重ね、国際試合での最大得点差の新記録を樹立。これまでは2001年に日韓W杯オセアニア予選でオーストラリアが米領サモア戦に31―0で勝利した試合だったが、14年ぶりに記録を更新することとなった。