【サッカー女子W杯】日本―イングランド戦の平均視聴率は14・4%

2015年07月03日 11時00分

 2日午前7時45分からフジテレビ系で放送されたカナダ女子W杯準決勝「日本―イングランド戦」の平均視聴率が、関東地区で14・4%、関西地区で13・8%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 この試合はNHKのBS1でも開始前の午前7時から放送された。ビデオリサーチは衛星放送の視聴率は公表していないが、BS視聴者も相当数いたとみられる。

 地上波で独占放送しているフジテレビでは、6月28日早朝の準々決勝・オーストラリア戦が12・2%と高い数字をマーク。同24日午前11時開始の決勝トーナメント1回戦・対オランダは6・7%だったから、試合を重ねるにつれて視聴率も上昇している。