酒井高徳にハンブルガーSVが興味

2015年07月01日 11時00分

酒井高徳

 ドイツ1部リーグ、シュツットガルトの日本代表DF酒井高徳(24)にハンブルガーSV(HSV)が獲得への興味を示している。ドイツ紙「ビルト」によると、HSVのブルーノ・ラッパディア監督は酒井高がシュツットガルトに入団した当時の指揮官だけに、恩師からの誘いとあって、移籍が成立する可能性もあるという。2016年まで現クラブとの契約を残す酒井高も昨季はベンチスタートが多く出場機会が激減。以前から「放出リスト入りしている」と報じられていた。