なでしこ豪州戦へ自信 佐々木監督「最後まで衰えない精神力ある」

2015年06月27日 16時00分

【カナダ・エドモントン26日(日本時間27日)発】なでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)はオーストラリア戦(27日=日本時間28日)に向けた公式会見に臨み、勝利に向けて自信をみなぎらせた。

 

 オランダ戦から中3日の日本に対し、オーストラリアは中5日。日程面で不利と見られるなでしこだが「オーストラリアは時差のある移動をしてきている。同じコンディションです」と強調した。午後2時開始で暑さがポイントとなるが、その点についても「90分間、あるいは120分間あるということも考えて次のステージに進みたい」と延長戦突入の死闘も見越している。

 

 オーストラリアのアレン・スタイチッチ監督が自信満々の発言をしたことを聞くと「僕も自信がある。我々の選手たちは厳しい状況でも勝ち切る力、最後まで衰えない精神力がある。そのことをアレン監督に伝えてほしい」と応戦。会見に同席したDF熊谷紗希(24=リヨン)も「前の大会で厳しい状況を経験しているのは武器。でも変な余裕はない。目の前の相手を倒すことに、みんな集中している」と臨戦態勢を整えた。