青森山田〝高校3冠〟の快挙 黒田監督とエース松木が男泣き

2022年01月10日 16時16分

後半10分、ゴールを決めた青森山田のエース・松木(東スポWeb)
後半10分、ゴールを決めた青森山田のエース・松木(東スポWeb)

 全国高校サッカー選手権の決勝が10日に国立で開催され、青森山田(青森)が4―0で大津(熊本)に圧勝して3大会ぶり3度目の優勝を飾った。

 青森山田はエースで主将のMF松木玖生(3年)のゴールなどで4得点と快勝。インターハイ、プレミアリーグEASTと合わせて〝高校3冠〟の快挙を達成した。

 勝利の瞬間、黒田剛監督は男泣き。「本当にプレッシャーの中、努力に努力を重ねてやってきた一年。選手の努力をほめてあげたい。春先に主将の松木が掲げた3冠を苦しみながらも、この100回大会という記念すべき年にすべてのタイトルを取れるのは夢のようです」と喜びを語った。

 そして、主将の松木も人目をはばかることなく涙を流して喜びが爆発。」「春から頑張ってきたものが報われてうれしい。仲間と一緒に取った3冠なので喜びを分かち合いたい」と語り、最後に「これからもサッカーを楽しんでいきましょう!」と力強くファンに向けて叫んだ。

関連タグ: