海外組が帰国 本田はモノトーンスタイル

2015年03月23日 11時00分

23日朝、本田(左)はモノトーンスタイルで帰国。右は長谷部

 日本代表に選出されたFW本田圭佑ら海外組が23日に帰国した。


 この日から大分県内で始まる代表合宿に参加するため、本田、MF長谷部誠(31=Eフランクフルト)、FW乾貴士(26=同)、DF内田篤人(26=シャルケ)、MF香川真司(26=ドルトムント)、MF清武弘嗣(25=ハノーバー)、DF酒井宏樹(24=同)、FW大迫勇也(24=ケルン)、DF酒井高徳(24=シュツットガルト)の9選手が同じ航空機で早朝の羽田空港に到着した。


 白地に濃いグレーのボーダー柄ジャケット、黒のサルエルパンツに白黒の革靴を合わせた春らしいモノトーンスタイルで空港に降り立った本田は、時折笑顔を交えながら長谷部と会話を交わすなど終始リラックスムード。その後大分行きの便に乗り継ぐため到着ロビーに姿を見せると、ファンや居合わせた利用客など約100人が殺到して早朝の空港は“プチパニック”となった。


 待ち受けた報道陣には無言を貫いた本田だったが、ハリルジャパンの始動に向けて、全身からヤル気に満ちあふれたオーラを放っていた。