永井謙佑がザック監督の不要発言に“反論”

2012年09月09日 12時00分

 ――ストイコビッチ監督は将来ビッグクラブで指揮するはず。一緒にプレーしたいか

 永井:先のことは分からないけど、監督が欧州に行って、機会があれば素晴らしいこと。それが現実になるようなプレーヤーに上達し、レベルアップしていきたい。自分は人をまねするプレーヤーではないので、自分の色を出して選手像をつくっていきたい。

 ――私生活では綾香夫人のサポートを受ける

 永井:やっぱり楽ですね。栄養の面も考えなくていいですし。家でのんびりが一番ですね。休みの日とかは一緒に出掛けたりしていますよ。

 ――「永井2世」にも期待が掛かる

 永井:そうですね(笑い)。でも男の子でも女の子でもいい。将来は選手? サッカーじゃなくても、本人が好きなスポーツで頑張ってくれればそれが一番です。

 ――2014年W杯は第2の故郷ブラジルだ

 永井:目標ですし、その舞台に行けるように。それがまた刺激になって、良いトレーニングができると思う。W杯でゴールできるような活躍を目指して頑張りたいですね。

☆ながい・けんすけ=1989年3月5日生まれ。広島県出身。父の仕事の関係で幼少時はブラジルで過ごし、8歳で帰国。九州国際大学付高(福岡)から福岡大。快足を武器に活躍し、各年代の代表にも選出された。2010年には南アフリカW杯を戦った日本代表のサポートメンバーに選ばれた。同年にU―21日本代表として臨んだ広州アジア大会で優勝、得点王も獲得。11年にJリーグや欧州クラブの争奪戦の末、名古屋入りした。177センチ、74キロ。