なでしこ阪口〝無償アウディで痛たた…〟

2012年01月13日 16時57分

なでしこジャパンが昨年のドイツ女子W杯優勝で空前の好景気に包まれている。ところがボランチとして活躍するなでしこMF阪口夢穂(24=新潟)は意外な“出費”を強いられているという。
 W杯優勝後、日本サッカー協会とスポンサー契約を結ぶアウディジャパン社は優勝メンバー21人と佐々木則夫監督(53)に「Audi A1」(車両価格289万円)を3年間無償リースで提供した。企業に勤めながらサッカーをする阪口にとっても大きなプレゼントだったが、思わぬ難点があった。
「せっかくいい車に乗せてもらっているのですが、タイヤだけは別会計ということらしくて…。私たちはスタッドレス(雪面用タイヤ)にしないと危ないので、その費用は自腹なんです」
 豪雪地帯の新潟に住む阪口と同僚のなでしこMF上尾野辺めぐみ(25)にとって、スタッドレスタイヤは必要不可欠。しかし、アウディ側の負担はリース代だけだった。アマチュアの阪口らの懐具合は厳しく、“雪対策”費用の負担は小さくないというわけだ。
 なでしこジャパンのメンバーは年末年始のテレビ特番に引っ張りだこだったが、なでしこ景気も雪国の冬の厳しさまでは変えられないようだ。