FC東京・武藤 ビッグマウスはあの人の影響?

2015年02月24日 16時00分

武藤はこの日のイベントでも得点王を宣言した

 J1FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)が23日、都内で行われた「SEIKO ブライツ」の新キャラクター契約記者発表会に出席した。

 

 トークセッションでは司会者から今年挑戦したいことを問われ「得点王です!」と堂々宣言。さらに同い年のFW宇佐美貴史(22=G大阪)がJ史上最多の34得点を目指していると聞くと「それなら、それ以上で」と目標を掲げた。

 

 武藤は22日のファンイベントでも得点王を宣言しており、最近は強気な発言を連発。そのウラには日本代表の先輩でもあるFW本田圭佑の存在が大きく影響している。

 

 本田といえば“ビッグマウス”が代名詞で、あえて自らにプレッシャーをかけることで成長のキッカケとしてきた。そんな本田を武藤は「尊敬している。プロのアスリートとしてあらゆる面で手本になる」と心酔。プロ2年目の課題を「メンタル的な部分も強くならないといけない」と挙げており、さらなる進化のために本田流を実践しているというわけだ。

 

 この日は、同社のイメージキャラクターを務めてきた米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)に対し「世界でも活躍する名プレーヤーなので雰囲気とかを見てみたい」と共演を熱望。世界を舞台に活躍する“先輩たち”の背中を追いかけ、飛躍を期す。