ドイツ・シンジ対決は香川が快勝

2015年02月14日 11時00分

【ドイツ・ドルトムント13日(日本時間14日)発】ドイツ1部リーグで日本代表MF香川真司(25)が所属するドルトムントはホームで同FW岡崎慎司(28)が所属するマインツと対戦し、4―2で快勝した。2人のシンジがともにスタメンで出場した試合は開始早々の1分にマインツが先制した。ドルトムントも3分に香川がこぼれ球を左足でシュートするもののGKがセーブ。前節に最下位から脱出したマインツが1点リードで前半は終了した。


 後半に入ると4分、10分と立て続けにゴールを奪ったドルトムントが逆転に成功。だがマインツも11分にすぐさま追いついた。


 決勝点は26分。ドルトムントのMFオーバメヤンがGKのタイミングを外すシュートで3―2。さらに33分には香川が得たFKからのチャンスでシャヒン(26)が4点目のゴールを奪った。


 香川はこのFK直前に交代。岡崎も37分に退いた。