アギーレ問題で大仁会長が給与50%を自主返納

2015年02月12日 17時21分

自主的に給与の50%を4か月間返納することを申し出た日本サッカー協会・大仁邦弥会長

 日本サッカー協会は12日に都内のJFAハウスで理事会を開催し、日本代表のハビエル・アギーレ前監督(56)を八百長問題により更迭した一連の騒動に伴う協会幹部の処分について議論した。
 
 理事会後に会見した大仁邦弥会長(70)は「理事会から『原、霜田は責任はない』との結論を頂きました」と任命責任は問われなかったと説明。ただ「選手やファン、スポンサー、サッカー関係者の方々にご迷惑をおかけした。責任を感じております」と話し、大仁会長が自主的に給与の50%を4か月間返納することを申し出て了承された。
 
 同様に当時技術委員長としてアギーレ前監督招聘の陣頭指揮を執った原博実専務理事(56)と交渉の実務を担当した霜田正浩技術委員長(48)も給与の30%を4か月間返納するとした。