浦和FW興梠 実戦復帰でいきなりゴール

2015年02月12日 10時41分

【スカパー! ニューイヤー・カップ(11日)】鹿児島ラウンド(浦和3―1磐田)

 昨年10月に右腓骨を骨折した浦和FW興梠慎三(28)が実戦復帰し、いきなりゴールを決めた。

 負傷後は昨年11月22日のG大阪戦で途中出場したが、ケガを悪化させて最終戦を欠場。それ以来の対外試合でまだ完全復活とはいかないものの「骨折後には歩くこともできなかったし、改めてサッカーが楽しいなと思う」と笑顔を見せた。昨季終盤の不在が浦和V逸の一因と言われているだけに「今年は強いレッズを見せたい」と意気込んだ。