【欧州CL徹底分析】香川復活がドルト勝利のカギ

2015年02月15日 09時03分

【欧州CL決勝トーナメント1回戦徹底分析(3)】24日、ユベントスVSドルトムント

 ドルトムントの日本代表MF香川真司(25)は復活のきっかけをつかめるのか。国内リーグで2部降格圏に沈んでいるドルトムントも、CLでは1次リーグ4勝1敗1分け。試合内容も悪くないだけに、イタリアリーグで首位を独走するユーベが相手でも、大きく崩れることは考えにくい。

 だが勝ち切るには、やはり香川の力が必要だ。MFロイスらケガ人が続々復帰を果たしたとはいえ、中盤の構成力はまだ発展途上。香川を経由したパス回しがスムーズにいくようなら、イタリア国内でそういうタイプのチームと対戦していないユーベを慌てさせることも可能だ。

 心配なのは、国内リーグで降格圏を脱するために、最近は華麗なサッカーを封印していること。クロップ監督も「今の状況できれいなプレーを求めるのは酷だ」と現実主義のサッカーにシフトしている。受け身に回る展開になるようだと、8強進出は厳しい。

 アジアカップでも不振から抜け出せなかった香川にとっても正念場。最近は国内リーグでも出番が少ないが、大舞台で一発があれば上昇気流に乗れそうだ。