ヤングなでしこパワーに完敗

2012年09月05日 12時00分

 ヤングなでしこが力尽きた。U-20女子W杯準決勝(4日、国立競技場)で日本はドイツに0-3で敗れ、決勝進出はならなかった。開始直後の失点から崩れ、前半だけで3失点。最後まで前回王者ドイツのパワーに苦しめられ、日本らしさを出せずに終わった。開催国で優勝という夢はかなわなかったヤングなでしこは、8日に行われる3位決定戦・ナイジェリア戦で最後のプライドを見せる。

 

 完敗だった。開始50秒で守備が乱れた。簡単にに縦パスを通され、DFの裏に抜けたMFロイポルツにあっさり決められると、2万人が詰めかけた国立のスタンドからはため息が漏れた。これで動揺したのか、13分にもロビングの縦パスにGK池田咲紀子(19=浦和)が飛び出してしまい、FWマロジャンにダイレクトループで2点目を献上。19分にはCKをフリーのFWロッツェンに頭で決められ、前半だけで3点のビハインドを負う展開になった。

 

 ヤングなでしこの持ち味のパスサッカーはドイツのフィジカルに完全に封じられた。ボランチのMF藤田のぞみ(20=浦和)とMF猶本光(18=浦和)から前にボールが出ず、今大会4試合連続5得点と絶好調のMF田中陽子(19=INAC神戸)はなかなかボールに触ることができなかった。吉田弘監督(54)は前半25分の時点で右MF田中美南(18=日テレ)からドリブラーのFW横山久美(19=岡山湯郷)にスイッチしたが、効果的な攻撃はできずに時間だけが過ぎていった。

 

 ヤングなでしこの選手のほとんどがなでしこリーグで試合出場の機会に恵まれないのに対し、ドイツの選手の多くはブンデスリーガだけでなく欧州女子チャンピオンズリーグにも先発出場するような存在だ。

 

 吉田監督は差を認めつつ「点は取られてもやり方は変えない。守備とか組織はもっと大人になってからでもできるが、個の技術を磨くのは今しかできない」とあくまで日本流を貫き、後半は横山を中心に個人技勝負で何度もチャンスを作り、観客を沸かせた。

 

 残念ながら力の差は大きかった。それでも今大会のスローガン「HOPE LEADS~希望が、みちびく。」が示すように、イレブンは東日本大震災の復興のため、被災者を勇気づけるために懸命に戦った。その気持ちは確実に日本の多くの人の心を動かした。

 

 次のナイジェリア戦に勝って3位を死守すれば、ヤングなでしこの夢は次のステージにつながる。最後はうれし涙で締めくくる。