MF遠藤は恩師ジーコを“無視”

2012年09月04日 18時00分

 恩師を“無視”で難敵撃破だ。6日にアラブ首長国連邦(UAE)との親善試合(新潟)に臨むサッカー日本代表が3日、海外組の一部を除き集合。新潟市内で全体練習を行った。

 W杯アジア最終予選イラク戦(11日、埼玉)に向けこれから調整を進めるザックジャパンだが、やはり気になるのは、かつて日本を率いた敵将ジーコ監督(59)の存在。「日本でも経験が多いので対応できるようにしたい」とDF吉田麻也が警戒感をあらわにしたように、手の内を知られている相手は脅威となる。

 そこでカギを握るのが、現代表メンバーで唯一ジーコジャパンの一員として2006年ドイツW杯メンバーに選ばれたMF遠藤保仁(32=G大阪)だ。当時、本大会で試合出場はなかったが「一緒に4年間仕事した監督だし、うれしい。FKで蹴るまでの流れとかキッカーに大事なこととか教えてもらった」。代表の主力へと成長するまでに受けた指導を感謝している。

 ただ、W杯最終予選という舞台ではそんな感情を一切捨てる覚悟だ。

「気にしない。やるときは関係ない。自分の仕事をすることだけに集中する」と、遠藤は静かにその決意を口にした。

 ジーコの存在を気にすればするほど相手の術中にはまるだけ。百選錬磨の遠藤がベテランらしい冷静さで、成長した姿を恩師に見せつける。