本田休養なしでイタリア杯強行出場

2015年01月27日 11時00分

強行出場する本田

 アジアカップを終えたACミラン(イタリア)の日本代表FW本田圭佑(28=顔写真)は休養をとらずにチームへ合流した。イタリアカップ準々決勝ラツィオ戦(27日=日本時間28日)に強行出場する。


 ミランは本田不在の間、リーグ4試合を戦い1分け3敗と低迷。ラツィオ戦の結果次第では、フィリッポ・インザーギ監督(41)が解任されかねない状況とあって、本田は救世主としてチーム再建と指揮官の続投をかけて臨む覚悟だ。


 だが、結果を出せなければ評価は急落する。開幕7試合で6ゴールを挙げたが、その後得点はない。


 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は9試合連続ノーゴールとなった昨年12月20日のローマ戦でチーム最低の5点をつけ「13度のボールロスト。前線で攻撃を遅くした」と酷評した。チームを救えなければ、再び地元メディアからバッシングを受ける可能性が高い。普段よりも大きな重圧を背負うことになったエースだが、結果を残すしか道は開けない。