レアルにまた火種?ロナウド意味深発言

2012年09月04日 12時00分

 レアル・マドリードのC・ロナウドが、意味深発言で爆弾を投じた。レアルはホームでグラナダと対戦し、3―0で今季リーグ初勝利を挙げた。勝利の立役者は、左太ももに膝を入れられ負傷しながらも、今季リーグ初を含む2得点を挙げたC・ロナウド。だがゴール後には全く笑顔を見せなかった。

 

 スペインのマルカ紙によると「喜ばなかったのは幸せじゃないから。理由はクラブの人間が知っている」と発言したという。

 

 欧州最優秀選手をバルセロナMFイニエスタに奪われたことかと聞かれると「関係ない」と即座に否定。「もうこれ以上話さない。ただクラブの人間は理由を知っている」とだけ繰り返した。

 

 レアルでは、公式会見でDFセルヒオ・ラモスを批判したことでモウリーニョ監督と選手の関係が悪化。これが指揮官と同じポルトガル人のC・ロナウドに影響している可能性もあるが、真相は不明だ。