【アジア杯】ヨルダン戦の視聴率15・5%

2015年01月21日 11時26分

 20日にテレビ朝日で放送されたサッカー・アジアカップ1次リーグ日本VSヨルダン戦の平均視聴率が15・5%だったことが21日、分かった。

 試合は、前半24分にFW本田圭佑(28=ACミラン)が右足で押し込み先制すると、後半37分にはFW武藤嘉紀(22=FC東京)のクロスをMF香川真司(25=ドルトムント)が右足で合わせて追加点を挙げ、日本が2-0で快勝。3試合で7得点、無失点という完璧な内容で、決勝トーナメント進出を決めた。23日の準々決勝ではC組2位のUAEとシドニーで対戦する。

※ビデオリサーチ調べ、関東地区