FIFA年間最優秀監督 佐々木監督受賞逃す

2015年01月13日 11時00分

 FIFA年間最優秀監督には、昨年のW杯を制したドイツ代表のヨアヒム・レーウ監督(54)が選出された。


 また女子の最優秀選手にはドイツ代表MFナディン・ケスラー(26=ボルフスブルク)が選出された。女子チームの最優秀監督賞にはラルフ・ケラーマン監督(46=ボルフスブルク)が選ばれ、最終候補の3人に残っていたなでしこジャパンの佐々木則夫監督(56)は受賞を逃した。


 各国代表チームの監督と主将、記者によって行われた投票の詳細も発表され、日本代表のハビエル・アギーレ監督は1位にベルギー代表GKのティボ・クルトワ、2位にドイツ代表GKノイアー、3位にバルセロナのMFアンドレス・イニエスタを選び、本田圭佑は1位にノイアー、2位にレアル・マドリードのFWガレス・ベイル、3位をC・ロナウドとしていた。